酵素を無駄遣いしない為に
酵素を無駄遣いしない為に

暴飲暴食が健康に悪い…という事は誰もが知っていることですが、酵素を基本に考えると「なるほど!」とうなずける事が多いものです。

近年のアメリカの酵素研究で、「どうやら、私たちの身体の酵素の量というものは決まっているらしい」という事が分かってきました。

大事な酵素がなくなってしまうと私たちは生きていけなくなってしまいます。

暴飲暴食は、言うまでもなく酵素を大量に消費してしまいます。もちろん、一度に消化できる量も決まっていますから、沢山食べると消化酵素が不足して消化しきれないもので腸の中が大変な事になってしまいます。

腹八分目が健康に一番いいって昔から言われていますが、昔の人はよく分かっていたんですね。

アルコール類の飲みすぎに注意!

アルコールを分解する酵素は肝臓にだけ存在しています。

お酒に弱い人はアルコール分解酵素が少ないという話はよく耳にされている事だと思います。

自分はお酒に強いから大丈夫だと思って大量のお酒を日常的に飲んでいると、酵素を無駄遣いしている事には変わりません。

だんだん酵素の量が減っていって、肝機能を悪くしてしまい兼ねませんので、アルコールの摂取には注意が必要です。

内蔵を休める事は大事

毎日毎日の食事で、私たちの消化器官は疲れています。日本は食べ物が豊富なので、空腹という感覚を知らない人さえいると聞いています。

胃腸を休める為、また健康やダイエットの為に、夕食はできるだけ8時までに済ませておく習慣を付けてください。ダイエットにも効果的な成長ホルモンは入眠から3時間にもっとも分泌されます。また空腹時に分泌され易いので胃がからっぽの状態で寝るのがベストです。

そして、酵素は夜中に作られますので、その時間に飲食をして消化酵素を使ってしまうと、新陳代謝や免疫力を支える酵素に悪影響を起こしてしまいます。

たまの事ならいいのですが、本来内蔵を休めるべき夜中の飲食が日常的になってしまうと、健康に重大な影響を起こしますし、老化も早まってしまいます。

お腹がすいて眠れない…という時にはできるだけ消化のいい物を少量だけにするようにしましょう。野菜スープやお味噌汁、コーンスープなどがお勧めです。少しだけご飯を入れてリゾット風にしてもいいでしょうね。

お漬物には酵素がいっぱい!

私たちの身体の大事な酵素を無駄遣いしないでいる事は、健康と美容の為にとても大切なことです。

酵素を摂り入れる為には、酵素の豊富な食べ物は生の野菜や果物、生のお肉類を食べるのが一番いいのですが、そればかりを食するのはなかなか難しいものですよね。

実は、生の野菜よりもずっと栄養価が高くて酵素もたっぷりなのが、日本人が世界に誇るお漬物なのです。特にぬか漬けは発酵食品ですので、たった一切れのキュウリが、丸々1本のキュウリの何倍もの栄養価があるのですよ。

お漬物というと、「塩分が心配…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、天然塩には血圧を下げる働きのあるミネラルがちゃんと含まれているので、実は安心なんです。

摂りすぎはもちろんいけませんが、適量であれば、酵素をちゃんと摂取できて、美容と健康の味方になるのが日本古来のお漬物なのです。

角質と酵素の関係

私たちの身体の中には様々な酵素があります。

タンパク質を分解する酵素は、食事で摂ったお肉類をアミノ酸にまで分解して、再度私たちの身体のタンパク質として再結合する働きがあります。プロテアーゼまたはペプチダーゼともいう酵素です。

お肉を食べる時にパイナップルやパパイヤを一緒に摂ると、お肉が消化され易くなって、身体の負担が軽くなるというのはご存知の方は多いと思います。

で、このタンパク質分解酵素なんですが、意外と知られていないのが、「酵素と角質の関係」です。

皮膚の表面にあって普段は私たちの真皮を保護しているのが角質なのですが、ある一定の周期で生まれ変わっています。でも、古くなって本来は自然に剥がれて行ってしまうべき角質が、加齢と共になかなか剥がれなくなってしまうのは、実は酵素不足のせいなんです。

角質だってタンパク質です。ですから、角質を剥がす役割を担っているのは、たんぱく質分解酵素なんです。

酵素が美肌に大きな役割を担っているのは、この事からも歴然としていますね。