プチ断食よりも簡単!半に断食とは?
ファスティングダイエットの正しいやり方

【ファスティングダイエットの正しいやり方】

ダイエットや断食と聞くと辛いというイメージがありますが、長くても3日間だけで行うダイエット法がファスティングダイエットです。
ファスティングダイエットは正しく行わないと、結果が出ない場合があるので注意が必要です。

ファスティングダイエットとは断食・絶食という意味があり、芸能人など取り入れているダイエット法です。
断食中に摂取するのは、主に酵素ドリンクと水分のみです。
通常の食事は一切しないので、栄養面が大丈夫なのか気になるところですが、酵素ドリンクにはたくさんの栄養素が含まれているので心配はありません。
また、断食・絶食という意味がありますが全く何も食べないというわけではありません。

<準備期間・ファスティング期間>
ファスティングを行う前に、準備期間というものが必要になります。
この期間はファスティングを始める1週間くらい前の期間を言い、徐々に食事量を減らしていきます。
特に、ファスティングを行う前日の夕食は、今まで以上に食べる量を減らしましょう。
これは、体を休めてファスティングが始まった時の空腹感を少しでも和らげる目的や、酵素ドリンクの効果をより高めるための“準備期間”のために必要です。

次に、ファスティング期間中です。
この期間は酵素ドリンクとミネラルウォーターだけを摂取します。
ミネラルウォーターは1日2?が目安です。
この期間中はエネルギーが不足しているため、激しい運動などは控えるべきでしょう。
期間中に我慢ができないほど体調が悪くなってしまった場合は、ファスティングを中止しましょう。

<復食期>
最後は、最も重要な復食期です。
復食期はファスティングしていた状態から、普段の食事に戻していく期間です。
復食期は準備期間と同じように1週間くらいを目処に行い、消化に良いお粥やスープなどを食べるといいと思います。

ファスティングダイエットはやり方を間違ってしまうと、効果が半減してしまったり表れなかったりするのでやり方には気をつけましょう。

プチ断食よりも簡単!半に断食とは?

【プチ断食は無理という人におすすめ!半日断食】
少し前から注目を浴びているのがプチ断食ですが、プチ断食は短くても2日間は固形物を口にしないという方法です。
この方法は手軽に自分でも断食をできるのですが、そんな2日間も食べないなんて無理という方がいると思います。
そこで、行うのがプチ断食よりも簡単な“半日断食”です。

半日断食とは、基本的に朝食を抜く方法です。
半日断食は断食の中でも一番簡単で、日常生活を送りながらできます。
しかし、ただ朝食を抜くだけではなく、最低限のルールがあるのです。

【半日断食のルール】
まず1つ目が、前日の夕食から18時間以上食べないということ。
人間の体は食事をしてから完全に吸収し、排泄し終えるまでに約18時間かかると言われています。
それにもかかわらず、毎食十分な時間を空けることなく食事を摂っていると内臓は24時間フル活動しなくてはならないのです。

2つ目が、断食後の夜に間食や夜食をしてはいけません。
断食の後に間食や夜食を摂ってしまうと、その分胃腸は休むことができなくなります。
夜食をしてしまうと、結局は1日3食という計算になるので半日断食とは言えないのです。

3つ目が、断食中は水を最低500ml以上飲むということ。
水分は1日の目安量として、合計1.5?~2?が理想のようです。

4つ目が、食事中と食後3時間は水分をとらないこと。
お腹に食べ物があるときは胃液を薄めますし、水分の排出が抑えられてむくみの原因にもなるからです。

そして、半日断食で1番注意する点が、昼食・夕食は腹八分目を心がけるということです。
朝食を抜いたからといって、昼と夜の食事を食べ過ぎてしまって意味がありません。
朝食を抜くので、断食後の昼食はなるべく少ない方がいいでしょう。
夕食は普段と同じ量を食べてもいいのですが、それでも食べ過ぎは厳禁。
腹八分目を心がけ、よく噛んで食べましょう。