酵素ドリンクを使った置き換えダイエットの効果は?本当に痩せるのか?

酵素ドリンクの効果 酵素ドリンク置き換えで本当に痩せる?

酵素ドリンクの置き換えダイエットで本当に痩せるのでしょうか?

酵素ドリンクのダイエット効果は本当なのか?ということですが、私の実体験も含めて絶対に痩せると断言できます。

ですが、まず最初に勘違いしてはいけない大事なことを書きますが、酵素ドリンクは痩せ薬ではありません!ということですね。

通常の食事量を変えない、あるいは増やして酵素ドリンクをゴクゴクと飲む・・・太ります。

ダイエットというのは突き詰めれば、足し算と引き算です。引く方(代謝、カロリー消費)が足す方(摂取カロリー)よりも大きければ痩せていきます。

これを効率よく、肌荒れや便秘などのトラブル無くダイエットしよう!というのが酵素ドリンクの置き換え効果ということです。

次に、私が今でも飲み続けているおすすめの酵素ドリンクと、私の酵素ドリンク置き換え失敗談、さらに酵素ドリンク置き換えダイエットを始めるという方に、守るべきポイントなんかも書いてますので、時間がある方は読み進めてみてください。

酵素ドリンクダイエットの効果 失敗談!!

昨年2014年の春くらいに初めて酵素ドリンクの置き換えダイエットに挑戦した時のはなしですが、週末以外の朝食をすべて酵素ドリンクで置き換えて2週間くらい置き換えダイエットに挑戦したのですが、 まっっったく!!!痩せませんでした(泣)

この酵素ドリンク置き換えダイエットが失敗した理由は、すべて上で書いてることに当てはまります。

酵素ドリンクを痩せ薬かなにかと勘違い(効果を期待しすぎ)していたこと。
しっかりとした計画を立てなかったことに尽きます。

ダイエットは足し算と引き算

ダイエットは足し算と引き算です。最初に酵素ドリンクに置き換えたときは、午前中ずっとお腹が空いて食べ物のことばかり考えてました。

お昼になると、朝食を酵素ドリンクに置き換えたことで安心してしまって、普段よりも腹持ちのよい食事にかたよってしまったんですね。

つまり、摂取カロリー>消費カロリーとこんな関係になっていたのでしょうね、体重は微増していました。

でも、翌月にはその失敗も踏まえて、酵素置き換えダイエットでマイナス3kgに成功しています。

まず大事なことは記録をきちんとつけることと、レコーディングダイエットの本を読んでそれを実践しました。

最初は空腹感が強いですが、お昼のメニューを通常通りカロリーを抑えた食事にすることで徐々に慣れていきます。

つまり、通常の食生活をかえずに、その中の1食を酵素ドリンクに置き換えるイメージです。たぶん、ほとんどの方は言われずとも理解していることと思いますが、コレが出来れば間違い無く置き換えダイエットは成功すると思います。

酵素ドリンクダイエットで守るべきポイントとは

これもわたしの失敗から学んだことのひとつですが、リバウンドしないために重要な知識ですから、かならず覚えておいてください。

運動で痩せるのも、酵素置き換えダイエットで痩せるにしろ、リバウンドは起こりうることです。

私から言わせてもらえば、運動によるダイエットのほうがリバウンドすることが多いように思いますが・・・

まず大事なことは停滞期について理解することですが、この停滞期は体内の機能であるホメオスタシスが機能することで起こります。

では、ホメオスタシスはどうなると機能するのか?これは、急激な体重の減少、栄養分の供給が著しく減少した場合に機能します。

このホメオスタシスを機能させないように酵素ドリンクダイエットを進めていく必要があるのですが、どのようにすればよいのか?

1ヶ月のダイエット目標を現体重の5%以下に設定する

ここが重要なポイントです。ホメオスタシスはこれで機能しにくくなるようです。急激にダイエットに成功してもほとんどがリバウンドしてしまうのは、こういうことなので必ずここを頭に置いて酵素ドリンクダイエットに取り組むようにしましょう。

今さら聞けない、酵素って何?

近頃、何かと“酵素”が取り上げられるようになりました。
しかし、酵素が注目されるようになっても酵素が何なのかイマイチよく分からない人もいるでしょう。一体、酵素とは何なのでしょうか?

酵素は生きていく上で欠かせない栄養素

人は生きていくうえで、炭水化物・タンパク質・脂肪・ビタミン・ミネラル・食物繊維が必要不可欠です。

そして、酵素というのはタンパク質の一種です。酵素は人間、動物、野菜など生物なら皆持っているものです。

酵素は生物が物質を消化する段階から吸収・転送・代謝・排泄に至るまで、あらゆる工程に深く関与しており、生体が物質を変化させて利用するのに欠かせないものなのです。

仮に酵素がないと、食べ物の消化・分解が適切にできなくなり、未消化のまま血液中に流入してしまい、その結果、未消化物質は血液を汚し体細胞に未消化物質を沈殿させてしまい、ドロドロ血の原因にもなるのです。

つまり、生きていく上で必要なことを行うために必要不可欠なものが酵素というわけですね。

消化酵素と代謝酵素

酵素には大きく分けて、体内で分泌される『体内酵素』と食物として摂り入れる『植物酵素』に分けられます。

そして、体内酵素は『消化酵素』と『代謝酵素』に分けられます。『消化酵素』はその名の通り、食べ物を消化することに使われます。

唾液や胃液などに多く含まれており、デンプンを分解するためのアミラーゼもこの消化酵素の一つです。酵素によって分解された栄養素は、小腸で吸収され体中に行きわたるようになります。

『代謝酵素』は人の動きや脳の活動、老廃物の排出など全ての生命活動に使われています。この代謝酵素がきちんと活動を行っていれば、老廃物が溜まることもなく新陳代謝も活性化されます。酵素によるダイエットが有名ですが、それは消化酵素が関わっていたようですね。

酵素は生きていく上で欠かせない栄養素であるということを、忘れないように生活しましょう。酵素ダイエットの効果とリバウンドに打ち勝つためには

リバウンドの原因

ダイエットをしたことがある人のうち、約60%以上がリバウンドの経験があるようです。 それだけ、リバウンドに打ち勝つ方法はないのでしょうか?

敵に勝つためには、敵について詳しく知る必要があります。つまり、リバウンドに打ち勝つためには、まず初めにリバウンドの原因を知らなくてはなりません。ダイエットを始めた時は順調に体重が減っていき、体重計にのるのも楽しみになるくらいです。

しかし、ある日突然ピタッと体重の減少が止まる時期があります。それが停滞期です。

摂取カロリー<消費カロリーを維持しているにもかかわらず、体重が減らないのはおかしいと思うでしょう。

しかし、人間にはこのように体重の減少を止めてしまう“ホメオスタシス”という厄介な機能が備わっています。

人間は『摂取カロリー < 消費カロリー』を維持し続けると体が飢餓状態にあると判断します。

そのため、消費エネルギーを節約しはじめて体重が思うように減らなくなり、且つエネルギーが足りないと思いこみ、食事から余分なエネルギーを摂取しようとするのです。ここで挫折してしまうと、リバウンドになってしまいます。

リバウンドに打ち勝つためには

では、リバウンドに打ち勝つためにはどうしたらいいのでしょうか?

まず、大切なのはリバウンドをしない体づくりです。ダイエットによって一度痩せた体重をもとに戻さないためには、ダイエット中に筋肉をできるだけ落とさないことが重要です。

痩せ方の違いは筋肉量によるもので筋肉の量を増やすことがリバウンドを防ぐ第一歩なのです。

停滞期を意識するということも重要

人間の体は1ヶ月で体重が5%以上落ちると飢餓状態と判断します。そう判断されないためには最初の1ヵ月で体重の3~4%を落とし、次の1ヶ月でその体重を維持し、次の1ヶ月で3~4%を落としていくペースでやっていくといいでしょう。

リバウンドはできることならしたくないので、正しいダイエットでリバウンドに打ち勝っていきましょう!